Ogura Manabu

ポール・クルーグマン教授。Business Insiderのインタビュー。

今すぐにでも金融危機が起こりそうな兆候はない。ヨーロッパの債務問題も徐々に収束に向かっている。2014年ははある種の成長が見られるだろう

2014年の経済見通しについて様々なニュースやブログを見ているものの、このポール・クルーグマンのような見解が多い。要するに、2014年は

・リーマン・ショックのときのようにマーケットが大荒れになるようなことはない
・力強くはないが安定的な成長が続く
・失業率も低くなるのでQEは年内に終了する

というようなイメージだろうか。AMGとしても、債券をアンダーウェイトする方針は2013年の中ごろのバーナンキが「QE終わるかも」と言い出したころから変更はない。

コメントを投稿するにはログインしてください