Ogura Manabu
1

本日発表された最新のFRBの政策決定会合の議事録によると、FRBは金融市場がバブルに向かっていくかもしれないことをを懸念していることが分かる。

また今年に入ってからアメリカの絶好調の株価水準を受けてバブルだ、大怪我しないうちに早めにポジション手仕舞っておけと煽るようなエントリーが増えた。

こういうのを見ると株式市場もまだまだバブルではないと感じる。本当にバブルなときは、人々が「バブルだバブルだ」と騒ぐのではなく「この水準がバブルでない100の理由」みたいなことを全員が言い始めるときだ。

たとえばITバブルのときがまさにそうだった。経済に完全にパラダイムシフトが起こったのだから従来の株価を計測する水準は当てはまらなくなった、と当時は言われていたが結果として株価水準はバブルだった。

なのでバブルかそうでないかを議論しているうちは、なかなかバブルはハジケない。バブルでないことをみんなが必至で説明しようとするときバブルは終わる。

コメントを投稿するにはログインしてください