Ogura Manabu
投資対象としては、今のところは新興国よりも先進国に分がある。アメリカのようにQEを縮小させ、いずれ利上げを行えばそれだけでリターンのある投資対象となるし、新興国と比較して通貨も強くなる。

しかし、この流れもわりと早い段階で収束するのではないかと思っている。なぜなら、僕が考えつくようなことは生き馬の目を抜くマーケットで血眼にして投資機会を探している投資家はとっくに気付いているだろうし、そうなると先進国にワッとカネが集まって先進国は「割高」と判断される。

そしたら、ペースは落ちたとはいえQEでリスク資産を買い取ってもらってキャッシュが潤沢な銀行などは「このカネどうする?」みたいな話になってアメリカやヨーロッパなどに目線がいくのは当然だ。

日本は先進国ではあるが、異次元緩和継続中ということで「インフレはドラッグ」というECBやそう切り上げを示唆したFRBとは異なる。昨年の日経平均のように、だぶついたマネーが日本に再度流入してくることはあり得る。

新興国は先進国の利上げをモロに受けて肝心要の製造、輸出が大きくダメージを受けているがこれも程度問題である資産が「割安だ」と判断されればそこから反転する。そして現在、悪い指標が出て新興国の資産が売られているので、割安と判断される水準までもうひと息の感はある。

ではその反転時期がいつか… それはわからないし、そのタイミングを図るのは私たちの運用方針には反してしまう。ただ、マネーの流れは一方的に先進国にだけ向かうのではないことは強調しておきたい。

コメントを投稿するにはログインしてください